2015年6月26日 (金)

60歳以上は老人?

 先日、あるスポーツ組織の会議に出席した。





 組織の役員改選に関する会議であった。




 役員を任命する立場である参加者の一人が「60歳以上の集まりは老人クラブのようだ。」と発言した。




 40代、50代といったもっと若い人材を入れよというメッセージだったのだと思う。




 48歳の私は若い部類に入るようなのだが(笑)、実際、40代は本業でも働き盛りの年代でもある。




 そうした40代、50代では、時間やエネルギーをこうした組織に100%注ぎきれないケースが多い。




 つまり本業の時間の合間を縫って、社会貢献をするしかない。




 そうしたそんな40代50代の役員だけで構成された組織ではなかなかうまく回っていかない。




 そこで、ある程度時間に余裕のある60代以降の方々に活躍してもらうことが必要になってくる。




 それに今の60代は昔の60歳とは違い、まだまだ若いし、これまで多くの経験を積んでいることから、物事を判断できる強みもある。




 ということで60代もこういったボランティア組織には大いに必要なのである。




 











by 鈴木大地 | 0:41:00 カテゴリー:sports
コメントする

2015年6月20日 (土)

話せばわかる

昨日は大学で300人の講義。
みんなで一部屋に入って勉強するのが楽しいのか、私の授業を受けられるのが楽しいのか(笑)、ワイワイガヤガヤ、ワイワイガヤガヤ。

ノイズが大きいので「みなさん、人の迷惑になるのでお話ししたい人はお外でして下さいね〜」と言うとシーン。ここで一句。

ディシプリン 話せばわかる うちの学生。


by 鈴木大地 | 17:35:00 カテゴリー:education
コメントする | トラックバックする

2015年6月18日 (木)

MERS

 本日はNTCにてもろもろ会議等があったわけだ。
 その一つに韓国で行われる総合競技大会の会議。
 ここのところ韓国といえば感染症。同国を中心に広がりを見せているMERS(Middle East Respiratory Syndrome)が話題となる。
 そういえば、今日の国会審議でも言及されていたなぁ。
 医師の話によれば、手洗い、うがいをマメに行う。そして、外国人が現地の病院に足を踏み入れることはないので、最も注意しなくてはいけない場所の一つは空港ということらしい。
 今までのところ、感染しその後、死に至った患者は若い方よりもある程度、年を重ねた人たちらしい。
 われわれのような人間が気をつけなきゃいけない(笑)。
 それにしても、マーズとか、サーズとか、語呂のいい名前をつけるもんだな。
 カーズとかチーズとかもあるし、コーズという水着もあるな。
 
 ま、話がそれたが、MERSも何とかこのまま下火になってもらうことを願うわかりである。
 

"MERS"の続きを読む


by 鈴木大地 | 21:51:20 カテゴリー:health
コメントする

2015年6月17日 (水)

プロフィール


鈴木 大地鈴木 大地 ( Ph.D. Daichi SUZUKI)
(順天堂大学教授、オリンピック水泳金メダリスト 、医学博士)

 
生年月日
1967年(昭和42年)3月10日生
   
学歴
1989年 3月 順天堂大学体育学部体育学科卒業
1993年 3月 順天堂大学大学院体育学研究科コーチ学修了(体育学修士)
2007年 医学博士
職歴
1993年 4月 順天堂大学 助手
1994年 5月~1995年3月 コロラド大学ボルダー校 客員研究員
1997年 4月 順天堂大学 講師
1998年 2月~2000年3月

ハーバード大学水泳部ゲストコーチ(日本オリンピック委員会

2006年 4月
2013年

順天堂大学 准教授

順天堂大学教授

  現在に至る
社会的活動
1991年 日本オリンピック委員会選手会委員
1992年 日本水泳連盟競泳委員
2001年 日本オリンピック委員会アスリート委員
2003年 世界オリンピアンズ協会(WOA)理事
2004年 財団法人日本アンチドーピング機構理事 
2013年


公益財団法人 日本水泳連盟   会長
公益財団法人 日本オリンピック委員会理事
特定非営利法人 日本オリンピアンズ協会 会長
 
連載
「上を向いて泳ごう」「Number」文藝春秋社
「25ans」婦人画報社
「スポーツ随想」共同通信社
「水泳史に燦然と輝く名スイマーに聞く」スイミングマガジン:ベースポールマガジン社
時評点描」 毎日新聞
   
水泳キャリア
1974年 スイミングスクールにて水泳を習い始める
1975年 選手育成コースに。週6回の練習。
1976年 選手コースに。全国SC大会に出場。
1977年 全国SC、100m背泳で銀メダル獲得。全国大会での初メダル。
1978年 第1回ジュニアオリンピック大会出場。
直前合宿で食中毒にかかり200m個人メドレーで最下位。
1979年 関東中学水泳大会 400m個人メドレーで2位。秋にスイミングクラブを移籍。
1980年 全国中学水泳大会。200、400m個人メドレー出場。
1981年 全国中学水泳大会で200、400m個人メドレー3位。
1982年 全国高校選手権100m背泳5位 200m背泳6位
1983年 全国高校選手権100、200m背泳で3位
1983年 東スイ招待水泳競技大会 50m背泳日本記録
1984年 国際派遣選手選考会100m背泳日本記録
ロサンゼルス五輪 100m背泳11位(日本記録)200m背泳16位(日本高校記録)
400メドレーリレー第1泳者として(日本記録)アジア人初の57秒スイマーとなる。
1985年 第8回ユニバーシアード・神戸大会 100m背泳6位(日本記録)200m背泳5位入賞
1985年 USオープン 100m背泳6位(日本記録)
1986年2月 原因不明の腰痛に襲われる。
1986年 ソウルアジア大会 腰痛を抱えながらトレーニングで100m背泳、400mメドレーリレー優勝。
1987年
 手前鈴木大地、向こう側バーコフ選手
 
ユニバーシアード・ザグレブ大会100m(日本記録)・200m背泳優勝(日本記録樹立)
この時の2位がデヴィッド・バーコフ選手(米国)。
100mは、この時点でのシーズン世界最高記録を記録。バーコフ選手とのライバル関係が始まる。
   
1987年
 
パンパシフィック選手権100m背泳2位55:91。
1位はマーク・テュークスバリー(カナダ)55:89。
   
1988年 W杯パリ大会200m個人メドレー2:02:35(短水路日本記録)
1988年 W杯ボン大会50m背泳優勝(短水路世界記録)バーコフ選手らに勝つ。
1988年 日本選手権水泳競技大会100m自由形優勝。
1988年

ソウルオリンピック100m背泳優勝(日本記録)400mメドレーリレー5位
日本人スイマーとして16年ぶりの金メダルをもたらす。

1989年 ミシガン大学水泳留学
1990年 W杯ボン大会 50m背泳優勝(短水路世界記録)
1990年 W杯イタリア大会100m背泳優勝
1992年 W杯スウェーデン大会 50mバタフライ(日本記録)

1992年

W杯イタリア大会 50m背泳優勝(日本記録)

 

受賞
1988年 日本スポーツ大賞受賞  ほか多数
   
趣味
ゴルフ、テニス、サーフィン、スポーツ観戦、クラシック・ジャズ鑑賞、サックス演奏、陶芸など
   

by 鈴木大地 | 19:42:00 カテゴリー:■鈴木大地プロフィール

2014年10月23日 (木)

3,000m

久しぶりに3,000m泳いだ。
ストレートに三千泳ぐのではなく、1,500-800-400-200-100mと泳いで行く。
子供の頃、何回とやったセットだ。
1500は25分
800は15分
400は10分
200は5分インターバル。

この間、このセットをやったのはいつだろう。夏前だったような気がする。

今日泳いでみて、前回より楽に感じた。前回のトレーニングが身体に記憶されていた気がした。最近の腕立て伏せの効果もあったか?!とにかく楽に感じた。

800を泳いでいる最中に左脚の下腿部がつってきた。バタ足と壁を蹴る動きがよくないようだ。おそらくこれはトレーニングが足りないのが原因かもしれない。

ここ数ヶ月運動らしい運動をしてなかった。体調がすぐれなかった。やきもきもしていた。今日少しだけ健康を取り戻せた気がした。気持ちも爽快になった。やはりスポーツはいい。


by 鈴木大地 | 23:42:00 カテゴリー:swimming
コメント (4) | トラックバックする