2005年3月 3日 (木)

スペシャル五輪

スペシャル五輪のプレゼンター役のため長野まで行ってきました。
行きはよいよい帰りは・・・
dsc00346.JPG

緊張も緩み、と同時に腰の痛みを感じるようになりました。
帰りの新幹線はつらかったっす。
ま、ときどき痛みを感じなくなるときもあるんですが・・・。
昨日のセンセイによれば「骨盤がずれているので、ある程度時間がかかる」ということなので、ゆったりした気分で接していく必要があるのかもしれません。

さて、スペシャル五輪フィギュア競技会場は、『ビッグハット』という長野五輪のアイスハッキー会場で行われ、“水上”でなく“氷上”でメダル授与をさせてもらいました。
選手のそれぞれが一生懸命演技をする姿に、なぜかウルウルきてしましました。
健常者が忘れかけている何かを持っているのが彼らだと思います。

大会会長である細川元首相夫人佳代子さんの表情も印象に残りました。
『心の底から彼らをサポートしていくんだ!』という姿勢が滲み出ているのです。
こういう機会をいただきまして「ありがとうございました」と帰り際お礼を言うと、
「みんな一生懸命だったでしょう!!」
と、まるで『自慢の息子のがんばり』を褒め称えるかのようでした。
まさに、”スペシャル五輪のマザーテレサ”に見えましたっ。
素敵な生き方ですね。


by 鈴木大地 | 23:00:20 | カテゴリー:sports
コメントする | トラックバックする

Trackback on "スペシャル五輪"

このエントリーのトラックバックURL: 

※鈴木大地さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

"スペシャル五輪"へのトラックバックはまだありません。

Post a Comment





絵文字を挿入