2005年5月30日 (月)

眉唾もの

dsc00516.JPG 昼、土砂降りの中、六本木であるメーカーさんの取材を受ける。
広報課の方の同僚に私の高校時代のクラスメートがいるとか。
高校時代は、合宿や遠征で学校を休むことが多く、帰ってくると自分のノートにきれいな字で板書がびっしりと書き込まれていた。
私のノートに皆が写してくれていたのである。
このクラスメートたちのお陰でかなり助かった。今改めて感謝。
つくづく恵まれた高校時代だったなぁ。
同僚さんの写真見せてもらったら、地理の授業時だけ隣に座る女性だった。
子持ちとなった今も元気に働いているという。
みんな逞しく生きているんだなぁ・・・。

昼ごはんは麻布十番の中華料理屋。
初めて行ったのだが、ここの餃子はうまい。
写真見るとなんてことない餃子なのだが、中には春雨、豚ひきなどがこんもり入っておりかなり美味。

さて、午後は視力up作戦。
近視が激しい私は、眼のケアに費やすコストとかエナジー、時間が半端ではない。
何とかならないかなぁと常日頃から頭を悩ましている。
「寝ているときにコンタクトレンズをつけ、朝起きると視力が良くなっている」という夢のような話を聞きに行く。
試しにやること2時間。
右目が0.07→0.2に。
左目が0.06→0.09になっていた。
本格的に視力回復となるとすごいぞ〜。
ボールゲーム競技の選手には劇的な効果があるだろう。
また報告します。


by 鈴木大地 | 19:02:00 | カテゴリー:art, culture, food
コメントする | トラックバックする

Trackback on "眉唾もの"

このエントリーのトラックバックURL: 

※鈴木大地さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

"眉唾もの"へのトラックバックはまだありません。

Post a Comment