2005年11月29日 (火)

国際シンポジウムⅡ

 kim02-2

 遅まきながら、我が大学にもブーム?! 

 本日、国立韓国体育大学金福柱教授の歓迎昼食会がありました。金氏は84年LA五輪800走出場、86年アジア大会優勝という競技歴を有するだけでなく、理学博士であり、さらに陸上800mでアジア記録保持者も指導されたという方です。

 競技面、指導面、研究面とバランスの取れた先生であり、その点、澤木先生(写真右)と同じタイプですね。12月10日の国際シンポジウムでも語ってくださることになっております。お楽しみに。まだ申し込みされてない方は、お早めに!!     http://campus.nikkei.co.jp/topics/index.html#1

   じつは金先生が金メダルを獲得した84年五輪、86年ア・大会には私も参加してましたて、・・・自己紹介で

 「84年、86年の同大会で金先生を選手村でお見かけしましたが、20年前とまったくお変わりないですね」とジョークを飛ばして挨拶したのですが、けっこうスベリ系でしたねぇ(笑)・・・。


by 鈴木大地 | 16:45:40 | カテゴリー:news
コメントする | トラックバックする

Trackback on "国際シンポジウムⅡ"

このエントリーのトラックバックURL: 

※鈴木大地さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

"国際シンポジウムⅡ"へのトラックバックはまだありません。

Post a Comment