2005年11月20日 (日)

山形県の温泉

 山形県の村山市に行って来ました。

 最上川と奥羽山脈(っていうんですかね?!)の山並みからなる大自然があり、町自体が福利厚生施設のようでした。温泉を利用したクアハウスがあり、子供やお年寄りが楽しそうに過ごしていました。生活様式は地方の方が間違いなく豊かと思います。

 碁点(ごてん)という最上川の5つの難所の1つだそうで、藤沢周平の小説の舞台となっているような地域。私はそれだけで満足でした。
 地元の方は「これで仕事があればいいんですけど」。 

dvc00071.JPGさて、今回は講演で行ったのですが、地元の名士から紹介を受けまして、「すずきせんせいとは、初対面だったのですが、映画俳優のような方だと思いました・・・」と。

 “えいがはいゆう??”

 「歌舞伎役者みたい」とはよく言われますが、映画俳優は初めて言われました。

 ちょっと持ち上げすぎだべ。

 それとも何かの聞き間違いかな?正直、地元の人の言葉の60%くらいしかわからなかったですからね・・・。


by 鈴木大地 | 22:19:56 | カテゴリー:nature & environment
コメントする | トラックバックする

Trackback on "山形県の温泉"

このエントリーのトラックバックURL: 

※鈴木大地さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

"山形県の温泉"へのトラックバックはまだありません。

Post a Comment