2006年2月26日 (日)

日本短水路選手権 Ⅱ

 今日は1日雨。

 にもかかわらず、辰巳水泳場には多くの観客が詰め掛けておりました。

 男子BK宮下、女子FL加藤ゆか選手など初めて日本のトップに立った選手が多い大会でありました。

 徐々に日本水泳界の新陳代謝が起こり始めているようです。

 

 


by 鈴木大地 | 21:57:20 | カテゴリー:sports
コメント (3) | トラックバックする

Trackback on "日本短水路選手権 Ⅱ"

このエントリーのトラックバックURL: 

※鈴木大地さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

"日本短水路選手権 Ⅱ"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "日本短水路選手権 Ⅱ"

短水路?私には聞きなれない言葉です。
昨日、今日、N○Kテレビのニュースで観ましたが そのことでしょうか?
やはり新人が出てきたほうが、将来に繋がりますよね。
初歩的な質問ですが、プールの水温って決まりがあるんでしょうか?無知でごめんなさい!

投稿: りんだ | 2006/02/27 0:27:45

おもしろかったですねぇ~、短水路!
みんなバンバン日本新記録を出してきてくれて、期待以上でした!
特に中村真衣選手。50Baで0'45″縮めてくるってすご過ぎるっ!!悲鳴に近い歓声を上げてしまいました。
100Baも出していたのに、B決勝で見れなくて残念でした(^-^;)
新陳代謝も楽しみだけど、ベテランが記録を伸ばして生き残ってくれてるのも楽しい~☆
4月、みんながどんな本気を見せてくれるのか楽しみです♪

投稿: miwa♪ | 2006/02/27 23:19:44

りんださん。水温は26度前後と決められています。miwaさん、その通りですね。ベテラン選手が粘りの水泳人生してくれると水泳界もさらにおもしろいですね。こちらも心情移入してしまうし・・・。中村まいちゃん復活でまたまた女子背泳陣があついです。

投稿: フィッシュ | 2006/02/27 23:50:45

Post a Comment





絵文字を挿入