2006年3月29日 (水)

突然死

 日体大のスイマーがトレーニング中に突然死をしたという話を聞いたが、同じスイミングで育った学生がいたこともあり、その日の練習前に黙祷を捧げた。

スポーツ中の突然死は、炎天下のゴルフが多いと以前習った記憶がある。

前の晩飲みまくって、睡眠を十分とらず、炎天下のゴルフで、握っていたため、グリーン上で緊張が高まり突然死というパターン。高地トレーニングでの死亡はあまり聞いたことがない。

若い頃、メキシコシティ2,300メートルで合宿中、バサロキックをして頭がおかしくなりそうになり、それ以後は、「苦しいフリ」をし、「もうだめ」という演技に磨きがかかった。

今回の原因はよくわからないが、死ぬくらいまで自分を追い込んだとすると選手としては尊敬に値する。なかなか人間の防衛本能で死ぬまで追い込めないものだからである。同じスイマーとして、宮嶋選手の冥福を祈りたい。(写真は、合宿地最寄駅のプラットホーム。)

by 鈴木大地 | 16:07:24 | カテゴリー:health
コメント (2) | トラックバックする

2006年3月その他の記事

  1. 2006年3月27日 (月)

    1. 水泳

  2. 2006年3月24日 (金)

    1. 広報について

  3. 2006年3月23日 (木)

    1. 日本オリンピアンズ協会理事会&IOCアスリート委員会選挙プロジェクト会議

  4. 2006年3月20日 (月)

    1. 卒業式&謝恩会

  5. 2006年3月17日 (金)

    1. 強風

  6. 2006年3月16日 (木)

    1. 間一髪

  7. 2006年3月13日 (月)

    1. WBC

  8. 2006年3月11日 (土)

    1. 国立スポーツ科学センター業績評価委員会

  9. 2006年3月 7日 (火)

    1. 日本アンチドーピング機構理事会&日本オリンピアンズ協会広報委員会

  10. 2006年3月 6日 (月)

    1. 世界陸上