2006年6月25日 (日)

サッカーW杯

五輪選手として認めるのも悔しいが、サッカーは世界ナンバー1のスポーツである。連盟加盟国数、観客動員数、試合視聴者数等を見ても他のスポーツ競技を圧倒している。プロリーグが各地で存在するだけでなく、僅かなスペースがあり、最低限の道具さえあればプレィできることが魅力なのだろう。

以前、南米アンデス山脈を走る高山列車の車窓から、布切れを丸めて作ったボールを蹴りあう子どもの姿を見た。こんな高地でも行われているんだぁと感心した。今回のW杯でもアンゴラ、トーゴ、コートジボワール、トリニダードトバコといった馴染みの少ない小国が参加しており、まさに地球的規模で行われているのを実感する。自然環境に左右されず、水泳やスケート、スキーのように水や氷、雪がなくてもできるのもいい。

フランスの社会学者カイヨワは遊びを「競争」、「偶然」、「模擬」、「眩暈」の4つに分類したが、サッカーが面白いのは、そうした要素が多分に入っているからだろう。国の威信をかけた戦い。ポストや味方に当たったボールの変化やPKなどの偶然性。審判の判定も含めたドラマ、ショーでもある。

それぞれの国・地域・チームに独特のカラーがあり、体格、髪型、ユニフォームのデザインなど外面でも見るものを楽しませてくれる。日本チームはイケメンも多いし、ユニフォームも洗練されているし、何より監督がジーコ。かなり期待していたのだが、南米やアフリカチームが強烈な個性を出しているのに比べるとややさみしい。

19946月。テキサス州ダラスで見たW杯ドイツ対韓国。試合は3点を入れた独が手を抜いたわけではないのだろうが、韓国に2点を許した。韓国の闘志が前面に出た終盤だった。今大会でも韓国選手の気迫を感じる。執念といってもよい。闘志、ガッツ、執念という表現があてはまる国だ。まさにチームカラーの赤とマッチしている。

豪州戦の終盤、日本は放心状態でどうにでもなれという風に見えた。ヒディング監督は「日本は勝負を最後まで諦めない怖いチーム」と評していたが、実はまったく逆のことを思っていたのではないか?チームカラーは侍ブルーと呼ばれるらしいが、侍は命をかけて名誉を重んじたことで世界的に知られる。「死ぬ気で戦う」覚悟で最後まで持ち続けていたなら、初戦の日本の結果はもっと違ったものになっていたことだろう。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

日本のW杯は終わってしまいました。前回は地元開催なので、まったく参考にならないとしても、98年フランス大会よりも勝ち点1分だけ成長したわけです。

「勝ち点1」が世界での日本サッカーの現実でしょうね。

それにしても、豪州戦、駒野へのファウルでPKだったと思うと悔しい・・・。審判も後で認めているんだったら、試合中気付けよ!ってかんじですよね。

毎日新聞6月23日朝刊スポーツ面「金曜カフェ」を加筆修正


by 鈴木大地 | 7:40:08 | カテゴリー:column
コメントする | トラックバックする

Trackback on "サッカーW杯"

このエントリーのトラックバックURL: 

※鈴木大地さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

"サッカーW杯"へのトラックバックはまだありません。

Post a Comment