2006年7月31日 (月)

負傷

 また情けないご報告をしなくてはいけません。

 大学の実習が終わった翌日、誤って排水溝を思い切り蹴ってしまい、右足足底部をざっくりと切ってしまいました。Dsc00873

 鮮血が迸り?!私の歩くところ歩くところに赤い液体が・・・。完全な負傷者状態。

 それでも血が止まり、消毒だけしてもらおうと、救急病院にかけこんだところ、看護師さんが、「こりゃぁ、3ハリくらい縫わなきゃいけませんねぇ~」

「ぎょえっ!!」

 まず、生理的食塩水のようなもので、患部をゴシゴシ洗われ、「いたっ!」。

 その後、局所麻酔の注射。これがまた痛いわけですよ。

 徐々に麻酔が効き始め、女医さんが「止血のために血管を焼きますね~」。

 「えっ、そんな治療法聞いたことないわ」とか思ってじっとしていたら、最後の方に麻酔が切れ始め、またまた痛っ。こちらは体験したことのない痛み。

 麻酔を追加して、ようやく縫合。6はり。

 この日、仰向けになりながら、なす術もなく、女医さんと看護師さんに身体を預け考えたことは、意外なことでした。 

 「戦争はやだな。やっぱりしてはいけないな」ということでした。

 よくみれば小さな傷。とはいえ、ちょっと洗浄するだけで、ちょっと麻酔が切れただけで、ものすごい痛む。

 戦争映画で、負傷兵を麻酔のない状態で応急処置をするシーンが出てくるが、想像を絶する痛さなんだろうな・・・と。

 自分が受傷して感じたことは意外にもそうしたことでした。

 レバノンやイスラエル、イラクで1日に何十人という人びとの命が失われ、今日プールで女の子が亡くなったというニュースが・・・。

 なんとなくですが、「生きているだけで有難いな」と感じた夏の初めでした。

by 鈴木大地 | 23:19:31 | カテゴリー:health
コメント (4) | トラックバック (1)

2006年7月その他の記事

  1. 2006年7月29日 (土)

    1. OWS

  2. 2006年7月25日 (火)

    1. 100m個人メドレー

  3. 2006年7月21日 (金)

    1. 合同ゼミナール

  4. 2006年7月18日 (火)

    1. オープンウォータースイミング ジャパンオープン 2006 ⅱ

  5. 2006年7月16日 (日)

    1. オープンウォータースイミング

  6. 2006年7月15日 (土)

    1. 水泳日和

  7. 2006年7月14日 (金)

    1. 「スポーツ史の一瞬」

    2. 夏到来

  8. 2006年7月 5日 (水)

    1. 25mクロール