2006年7月31日 (月)

負傷

 また情けないご報告をしなくてはいけません。

 大学の実習が終わった翌日、誤って排水溝を思い切り蹴ってしまい、右足足底部をざっくりと切ってしまいました。Dsc00873

 鮮血が迸り?!私の歩くところ歩くところに赤い液体が・・・。完全な負傷者状態。

 それでも血が止まり、消毒だけしてもらおうと、救急病院にかけこんだところ、看護師さんが、「こりゃぁ、3ハリくらい縫わなきゃいけませんねぇ~」

「ぎょえっ!!」

 まず、生理的食塩水のようなもので、患部をゴシゴシ洗われ、「いたっ!」。

 その後、局所麻酔の注射。これがまた痛いわけですよ。

 徐々に麻酔が効き始め、女医さんが「止血のために血管を焼きますね~」。

 「えっ、そんな治療法聞いたことないわ」とか思ってじっとしていたら、最後の方に麻酔が切れ始め、またまた痛っ。こちらは体験したことのない痛み。

 麻酔を追加して、ようやく縫合。6はり。

 この日、仰向けになりながら、なす術もなく、女医さんと看護師さんに身体を預け考えたことは、意外なことでした。 

 「戦争はやだな。やっぱりしてはいけないな」ということでした。

 よくみれば小さな傷。とはいえ、ちょっと洗浄するだけで、ちょっと麻酔が切れただけで、ものすごい痛む。

 戦争映画で、負傷兵を麻酔のない状態で応急処置をするシーンが出てくるが、想像を絶する痛さなんだろうな・・・と。

 自分が受傷して感じたことは意外にもそうしたことでした。

 レバノンやイスラエル、イラクで1日に何十人という人びとの命が失われ、今日プールで女の子が亡くなったというニュースが・・・。

 なんとなくですが、「生きているだけで有難いな」と感じた夏の初めでした。


by 鈴木大地 | 23:19:31 | カテゴリー:health
コメント (4) | トラックバック (1)

Trackback on "負傷"

以下1件のトラックバックはこのページのエントリー"負傷"を参照しています。

このエントリーのトラックバックURL: 

※鈴木大地さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

» 第7話 バブル時代の面接と採用後

かるーい 気持ちで スイミングインストラクター 第7話 バブル時代の面接と採用後 バブル時代の就職活動とは? 今、考えると信じられないことが・・・ 必見です! ブログランキングに参加しています。 ↓↓↓↓↓ お願い〜します! ... [続きを読む]

  • 2006/08/09 13:46:42
  • from かるーい 気持ちで スイミングインストラクター

Comment on "負傷"

初めてコメントさせていただきます。

とっても痛そうですね(><)でもこの写真でもやはり大地さんの体の柔らかさが伝わってきます(笑)。ともかくお大事に・・・

私も水泳が好きで、学生の頃は夏になるとよくプールでバイトをしていたものですが、今更ながら責任の重さを痛感してしまいます。
何とか再発防止に生かしていって欲しいと願うことくらいしかできませんが。。

投稿: | 2006/08/02 23:13:47

これはかなり痛いぞ
治療はもっと痛そう・・

投稿: Hiroo Kato | 2006/08/03 10:39:43

 今回の怪我、ホント、一瞬出血多量で死ぬかと思いましたね。でも、ぜんぜん死なない。ぜんぜん平気。

 結構人間って死なないものだな、と思っていたところに、このプール事故。気の毒で仕方がない・・・。
 無念だろうね。

投稿: | 2006/08/03 23:02:05

すごく痛そうですね(T-T)水泳って、普段血の出るケガをしないので、他の競技に比べて血に弱い気がしませんか?私だけ?
今回の事故は、ほんと人災ですよね。あまりにもかわいそう過ぎます。私のプールでも、吸水口のことを気にしている生徒がいました。安全であることを説明しましたが、その安全を保っているのも人間なんですよね。
常に安全には気を付けていますが、さらに気を引き締めていきたいです。

投稿: | 2006/08/05 0:43:04

Post a Comment