2006年11月 6日 (月)

そうだったのか内山田洋

 内山田洋氏が亡くなったとネットで読んだ。

 『内山田氏は高校時代水泳選手として活躍』とある。

 どの程度の競技成績で「水泳部に所属」から「水泳選手として活躍」になるかはわからないが、「昔、水泳をしていた」と言われると、妙に親近感を覚えてしまう。

 「高校時代は国体に出ました」なんていうセールスマンが来ると、ホイホイ保険とかに加入してしまいたくなる(笑)ので危険だ。

 それにしても、遠征先まで水着を持って、暇さえあれば泳いでいたなんてうれしい話ですねぇ。でも、どうしてそんなに健康に気を使っていながら病気になるんでしょう?

 やっぱりストレスですね。きっと前川清が脱退してからは、苦しかったんだろうなぁ。

 適度に。適度。ストレス溜めないように生きていかないとですね。

http://www5.nikkansports.com/general/obituary/2006/20061103-24721.html


by 鈴木大地 | 15:57:40 | カテゴリー:person
コメントする | トラックバック (1)

Trackback on "そうだったのか内山田洋"

以下1件のトラックバックはこのページのエントリー"そうだったのか内山田洋"を参照しています。

このエントリーのトラックバックURL: 

※鈴木大地さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

» 内山田洋と鈴木大地

私は、鈴木大地さんのブログをときどき読んでいるのだが、そのなかで、肺ガンで亡くなった内山田洋さんの記事を見つけた(私のブログから飛べるので、ご興味のある方はどうぞ)。 内山田さんは、高校時代は水泳部で活躍し、地方公演のさいにも水着を持っていくほどだった、ということである。 大地さんは、それに対して「それほど健康に気を配っていても早死にするのは、やっぱりストレスが強かったのであろうか(と、私の要約)」と述べている。 もしかして、福田ー安保理論を知っているのであろうか。知っていたとしたら、... [続きを読む]

  • 2006/11/11 17:14:45
  • from 誠に遺憾に存じます

Post a Comment