2007年4月17日 (火)

東京大学

 大学の教員のいいのは、やりくり次第では時間を有意義に使えるところです。

 月曜日は研究日なので、多くの人にお会いし、有益なお話を聞くことになっております。

 今日(昨日)は、東京大学に行ってきました。

 南北線の『東大前』という名称の駅で降りてしまって、確かに目の前が東大なのですが、目的の場所には程遠く、本郷三丁目で降りなった自分の不手際を棚に上げて、何が東大前だよとブツブツ一人で言いつつ、トポトポと雨の中を歩いていました。

 手土産を買わなくてはいけないのに、周りにはほとんど店がありません。

 途方にくれておりましたところ、ようやく一軒の喫茶店を見つけました。

 ガラス越しに『ケーキあります』の張り紙。

 「ようしこれを手土産に持っていこう」と気合を入れて、店員さんに聞くと、

 「ごめんなさい。あと、アップルパイが一つしかないんです!」

 「そうなんですか。こまったなぁ・・・」とまたまた途方にくれてしまいました(2回目)。

 すると、察してくれて「あと何分待てます?ちょっと調達してきます」と店員さんがレインコートを着込んでダッシュで店を飛び出しました。

 コーヒーを飲みながら、ダイジョブかなぁと待っていると、ずぶ濡れになった店員さんが戻ってきました。

 ゼーゼーっ。肩で息をしています。

 400メートルを全力で走った後のような状態です。

 手にはアツアツのアップルパイを一斤抱えておりました。

 「お待たせしました。これでよろしいでしょうか?」

 私が感激したのはいうまでもありません。「ありがとうございます!」と感謝の気持ちを伝える私。

 学生というのは、地域のコミュニティーからも大きな影響を受けるもの、

 東京大学の学生さんはこうしたハートのある店員さんらからもよい刺激を受けているのでしょうね。

 

 

 

 

 


by 鈴木大地 | 1:32:00 | カテゴリー:education
コメントする | トラックバックする

Trackback on "東京大学"

このエントリーのトラックバックURL: 

※鈴木大地さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

"東京大学"へのトラックバックはまだありません。

Post a Comment