2007年6月 5日 (火)

アジアチャンピオン誕生

 トライアスロン競技アジア選手権トンヨン大会にて、鈴木大地ゼミ所属の菊池日出子が優勝したようですので、ご報告いたします。

これで北京オリンピックか?」と訪ねたところ、

まだまだです!」と謙虚な菊池。

先週、研究室で私の話を素直にふんふんと聞いていました。

経験上いえるのは、『謙虚で素直な選手は伸びる!』ということです。

この先、まだまだ上に行ってくれるでしょう。

 
★6月1日 アジア選手権、菊池アジアチャンピオン獲得!
距離: スイム1500m+バイク40km+ラン10km 合計51.5km    
◆U-23女子の部(15名)
1位 菊池日出子  2:09:14(日本) 
2位 伊藤弥生  2:11:00(日本)
3位 ユジュンファン 2:12:12(中国)

トライアスロンの情報や公式結果について
日本トライアスロン連合(JTU)http://www.jtu.or.jp/news/2007/pdf/07AsianChampsAfterRelease1.pdf

◆村上監督所感

U-23に出場した菊池が見事アジアチャンピオンに輝きました。
菊池はスイムでやや遅れたものの、バイクに入ると先頭集団をあっさり
抜き去り、圧倒的な力で独走。バイク終了時、後続に1分、フィニッシュ
では2位に1分30秒の大差をつけゴール。U-23レベルを飛び越え
エリートで戦える力を証明しました。ナショナルチーム入りを目指し
オリンピックを見据えて、今後も戦っていきます。今後ともご支援、応援していただけますようよろしくお願いします。ありがとうございました。

◆レーススケジュール
6月24日 ITUコンチネンタルカップ蒲郡大会(菊池)
7月1日  ITUコンチネンタルカップ七ヶ浜大会(菊池)

◆鈴木大地先生所感

水泳で1.5kmも泳いだあと、よく40kmもバイクで走れるなぁ。

バイクで40kmも走ったあと、よく10kmもランできるなぁ。

出場者みんなえらい!


by 鈴木大地 | 15:57:43 |
コメントする | トラックバックする

Trackback on "アジアチャンピオン誕生"

このエントリーのトラックバックURL: 

※鈴木大地さんのブログ記事に対してリンクおよび言及のされていないトラックバックは削除することがありますので、ご了承ください。

"アジアチャンピオン誕生"へのトラックバックはまだありません。

Post a Comment