2007年11月18日 (日)

積極性

 昨日は故郷で講演をおこなった。

 子供のころのフィールドを大人になってから見るとなぜ狭く、小さく感じるのだろう・・・。

 小学校のときに通った道がミニチュア版のような感じられた。

 講演会場には、中学校のときの英語の先生が来てくれとても懐かしかった。

 独身だった先生も「定年まであと6年よ!」と話しており、時が経過していることを教えてくれる。

 当時の生徒とも連絡をとっているらしく、

 「だれだれが本屋を継ぎ、○○写真屋を継ぎ、△△が郵便局員になった」ことを知らせてくれた。

 職場の隣にはnativeの先生がおり、「(英語で)論破している」という。たまにだが国際会議に参加する機会のある私にも刺激になった。

 この日来てくれた先生は、オリンピックで優勝したあと、地元での報告会にも来てくれた。英語で論破するよりも大事なことは、この積極性や行動力なのではないか。こうした姿勢が、外国人と対峙する際、何より必要なことなのかもしれない。


by 鈴木大地 | 21:23:40 | カテゴリー:private
コメント (3)

Comment on "積極性"

4歳まで住んでいた家の前の道、当時は「向うへ渡るの、大丈夫やろうか」と感じるような広い道と思っていましたが、後に訪れた時、「え!こんなに狭い道やったんや」と思ったことがあります。4歳の記憶だと、当たり前か・・・。
仕事をし始めたときに、「こりゃあ、無理」と思ったけど、慣れてきたら、それなりにこなせる。
その時々で、目線が違うのでしょう。
日々成長、体の成長はもう無理(縦は無理でも、横はありか)としても、「人間」として、いつまでも、少しでも前に進みたいですね。

投稿: サンボ | 2007/11/19 20:49:13

『誰もがすいすい泳げる本』読みました。

イメージのイラストすごく解りやすいですね!

JTの『大人たばこ養成講座』の絵に似てるんでちょっとだけ笑っちゃいましたが(笑)

投稿: りこまる | 2007/11/21 0:02:24

そうなんですよ。サンボさん。小さくみえるんですよね。そうですね、人間日々成長していきたいですね。

りこまるさん『誰もがすいすい泳げる本』お読みいただきありがとうございます!若手水泳関係者の総力を結集して書いた本です。
JTの『大人たばこ養成講座』の絵ってどんなでしょう?

投稿: フィッシュ | 2007/11/22 18:05:14

Post a Comment