2008年11月22日 (土)

スイス

 昨日帰国しました。

 オリンピック関係の会議でスイスに行ってきました。

 Dick Fosbury夫妻も一緒でした。かなりオリンピックムーヴメントに邁進されているようで刺激を受けました。

 陸上関係者にこの話をしたところ、「へぇ~フォスベリーって体やっぱり大きの?」と興奮しておりました。

 こうした方々とお仕事(ヴォランティアですが)できることに感謝です。

 

 

  


by 鈴木大地 | 22:17:22 | カテゴリー:olympics
コメント (6)

Comment on "スイス"

オリンピアンズの国際会議ご出席ご苦労様です。この方の逸話は、小学生の時「科学」だったか「学習」だったかで読みました。人と違ったやりかたでチャレンジしてみることの大切さを学ぶ、という趣旨の話で、何かひどく感動した覚えがあります。

投稿: | 2008/11/24 19:00:43

ご存じでしたか・・・。
さすがです!
まさに、歴史ですよね。

投稿: | 2008/11/24 23:09:53

小・中学校時代、走り高跳びは、ふつうはベリーロールなのですが、ちょっと体力自慢の男子やクラスに一人はいるお調子者なんかだと、背面飛びをやってましたね。

わたしは体育はダメなほうでしたが、お調子者なので、これをやって体育の教師に殴られてました。

投稿: | 2008/11/25 15:09:51

当時は背面跳びをしていると怒られたんですね・・・。。びっくりです。
時代といいますか常識てのはいかにあてにならないかですね・・・。


投稿: | 2008/11/27 12:38:36

教育の現場は意外と保守的ですね。型破りの技を受け入れるのには時間がかかるようです。

そういえば、プールの時間に、ふざけて「田口泳法!!」なんて言ってると、「ちゃんと指間を閉じて泳ぐこと!!」なんて注意されてましたね。

投稿: | 2008/11/28 20:42:03

田口泳法きましたか・・・。

投稿: | 2008/12/03 15:53:25

Post a Comment