2010年1月12日 (火)

新年フェス

 日曜日は新年フェスティバル大会が開催されました。

 ベストを更新してくれました学生が多くほっとしました。

 個人的には大いにご迷惑をおかけしました。

 KOのタケオくんのご母堂にも感謝です。

 ありがとうございました。

さて、お知らせです。

1月16日(土)順天堂大学さくらキャンパスにおいて、

第6回国際シンポジウムが「トップアスリートの育成」をメインテーマに開催されます。

http://www.sakura.juntendo.ac.jp/JU-university/index.html

日時:2010年1月16日(土)
会場:順天堂大学さくらキャンパス
大会プログラム             
 Ⅰ.大会長挨拶  【10:00-10:15】
   大 会 長 :野川 春夫(順天堂大学スポーツ健康科学部長)
   
 Ⅱ.基調講演(1)  【10:20-12:00】
   「中国体操、北京までの道のりその強さの秘密 
     演者:高 (元 中国体操協会会長
     通訳:呉 (JGS㈱)
 Ⅲ.一般研究発表 【12:00-13:10】
 Ⅳ.基調講演(2)   【13:10-14:40】
   「アメリカバレー界におけるオリンピックでのメダル獲得の組織づくり・ 環境づくり」
     演者:ダグ・ビル(元 アメリカ男子ナショナルチーム監督・アメリカバレーボール協会会長
     通訳:河部 誠一(バレーボール・アンリミテッド代表)
 Ⅴ.シンポジウム  【14:45-17:00】
   「コーチングの現場から」
   ①柔道におけるメンタルサポート:船越 正康(大阪教育大学名誉教授)
   男子短距離選手育成システム(師資相承)の検証:宮川 千秋(東海大学教授
   ③アメリカ女子代表チームと全日本女子チームにおける育成方法について
                   :川北 (全日本女子バレーボールアシスタントコーチ)
   ④ハンガリーにおけるコーチ養成システム:Radak Zsolt
                            (ゼンメルヴァイス大学 教授 ハンガリー)
 
Ⅵ.懇親会  【17:10-18:30】

by 鈴木大地 | 12:40:13 |
コメントする

Post a Comment