2011年3月 6日 (日)

20年後

 20年後、この国はどうなっているのか?

 衣食住がもっとも大事だと思う。

 農水省調査では、
2009年の農業就業人口289万人
漁業就業人口21万人
 20年後の
2029年の農業就業人口23万人
漁業就業人口3万2千人    
           (『二〇三〇年 日本 不安の論点』 産経新聞社社会部著)より。

素人ながらこの数字はまずいんじゃないかと思う。
それとも、生産性が上がり、この数字でもじゅうぶん今の食糧自給率を維持できるというのだろうか?

 もしそうでなければ、あくまでも私的な意見であるが食糧は極力自前にすべきと思う。
 いつでも兵糧攻めにされる可能性があるのは、経済的にも外交的にもあまり得策とは思えない。

 ちっと、今日はカタい話だったな。


by 鈴木大地 | 22:52:54 |
コメントする

Post a Comment