2011年3月 2日 (水)

入試に関する勉強会

 体育系の予備校の先生をお招きし、体育系大学の入試に関する勉強会。

 他大学がどんな入試をしているのかがなんとなく知ることができた。

 偏差値60以上で難易度の高い体育系学部を持つ大学には、運動もせずガリ勉して入学していく生徒が多いという。

 「ガリ勉して体育系の学部に進んで、いったいどうするんだろう?」と講師の先生が話されていた。


 入試という入口についての勉強会ではあったが、受験生とその親は、出口つまり就職も強く意識して大学進学を考えているという。

 
 なるほど。 

 一番理解に苦しむのは、この少子化の時代に保健体育の教員免許を取得できる大学が増えていてその数200もあるという。

 いったいどういうことなんじゃ?!


 という何カ月ぶり?のブログ更新であった。


by 鈴木大地 | 18:59:17 | カテゴリー:education
コメントする

Post a Comment