2011年3月15日 (火)

もう

  不便な暮らしでもいいから、安心して生活を送りたい。

  人生半分終わっているけれど、未来あるこどもたちに不憫な思いをさせたくない。

  電気なんて数時間とまってもいいとさえ思うようになった。

  


by 鈴木大地 | 14:20:26 | カテゴリー:nature & environment
コメント (1)

Comment on "もう"

電気が止まった夜、わずかな灯りの下で子供たちと3人、同じ歌を聞く。地震がなければすごせなかった時間。幸せの意味を考える時間。

投稿: アラレ | 2011/03/15 21:42:22

Post a Comment