2011年5月15日 (日)

高田

 ひさびさのブログ更新ですね〜。
 
 以前、高田高校の水泳部の顧問の話を話題にしましたが、覚えていらっしゃるでしょうか?

 先日、水泳関係の会議が終了後、ある方が私に近寄って話し始めました。

 どうやら昨年、その方と大会で一緒に水泳大会で役員を務めた、というのです。

 「とても素直な方で、指導した事に対して熱心に取り組んでくれて…。(知り合いが)こんな事件に巻き込まれてとても悲しい。」

 
 今回は建物の崩壊というよりは地震による津波による被害。水害でこんなに行方不明の方がいらして、水泳関係者として何かできることはなかったのかと自問自答するも、「ん〜」。無力感。

 と、震災関係のイベントに参加しながら思った次第。

 


by 鈴木大地 | 20:58:44 | カテゴリー:person
コメント (3)

Comment on "高田"

事故や災害などで、人の命が突然失われることは残念です。
今を生きている自分たちに出来るのは、小さいことですが、何かを始めることかなと。
水泳で希望を与えられたらと思い、以下の企画に賛同し,活動を始めました。
ご一読いただければ幸いです。

http://www.swimmingsearch.com/modules/pico/index.php?content_id=29

投稿: 細井@SwimmingSearch | 2011/05/17 22:20:44

先生は、よく日曜日も働いていらっしゃいますね。私は、震災について思いを巡らせ、いろいろ考えようと努力しようと思っているのですが、
自然災害が人に与えた影響を考えると、ものすごくて、なかなか太刀打ち出来ません。
温かい世の中にならなければ、おかしいと
思うし、これからもずっと祈っていきたいと思う
し、スクラム組んでやはり協力出来たらいいと
思います。

投稿: ROSE DE MAI | 2011/05/23 21:38:30

こんにちは。震災はまだ進行形。急性期は過ぎましたが、亜急性期から慢性期に入るところです。今のフェーズにできること、大地さんでなければできないこと、きっとたくさんあると思います。

投稿: 松葉剛 | 2011/05/27 13:34:52

Post a Comment