2011年6月 9日 (木)

解剖学

 しばらく前から足首が痛い。

 時に歩行困難なくらい痛む。

 その割には、いったい足首のどこが痛いのかさえわからず、古い教科書を引っぱりだして来ようとしたのだが、「引っ越ししてどこにあるのかわからない状態だな」と一人嘆いていたのだが、そもそも大学の研究室に置いてあることに気づいた。

 仕方なく今売れているという『人体解剖図』成美堂出版を見ているのだが、これがまたいい!
 こんなにわかり易ければ若い頃にもっと勉強したのにななどと思いながらも、「南江堂の『入門人体解剖学』が懐かしいなと思った。

 ところで、どこが痛むのか?

 勝手に自己診断した結果、

 

 下伸筋支帯の炎症と判明した?! ほんとか?? 

 それにしても、いつ、どのようにして痛めたのかがわからない。

 運転のし過ぎ??としか考えられないのだが、もっとよく思い返してみようと思う。


 今日もつまらないブログ読んでしまいましたねぇ(笑)。


by 鈴木大地 | 22:38:57 | カテゴリー:health
コメントする

Post a Comment