2011年7月 2日 (土)

チャリティー スイムレッスン

  来週から2回にわたってチャリティー(無料)スイムレッスンを行います。

  本格的な夏を前にぜひ、水泳レッスンを。

  「1年間に世界で100万人が溺死しています。」(言いにくいのですが、投身自殺含め)by 国連のスポーツ担当者。

我が国でも水辺で遊んでいて亡くなる方がたいへん多いのです。
  
  もし泳ぎをマスターしていれば亡くならずに済んだのに、というケースがほとんどです。

  泳げないことが原因で亡くなるというのが(財)日本水泳連盟の生涯スポーツ担当者として何とかしたいことです。

  「泳げるか」or「泳げないか」どちらがいいかと言えば間違いなく、泳げる方がいいに決まっています。

  映画『タイタニック』でディカプリオの恋人役の女の子が助けを呼ぼうと笛を吹いて居場所を知らせるシーンがありました。
 
 その前に、チョコっと泳いで笛を吹きに行くのです。もしちょっとでも泳げなければ、亡くなっていいたでしょう。

 泳げるか、泳げないかというのは、生死を分ける行為なのです。

 

 私は大学の教員をしていますが、最近、スポーツ系大学の学生でも挨拶のできない者がいます。

 これって数年前までは考えられないことでした。

 大学生からの教育では、やや遅いかなと感じています。

 まだまだスポンジ状態の幼稚園児、小学生から、指導したいと思うようになりました。

 ということで、水泳教室を始めます。

 7月6日、同13日、水曜日17時〜18時までの1時間です。 

  場所は国立代々木競技場室内水泳場(インドア50m)
     〒150-0041東京都渋谷区神南2-1-1 Tel.03-3468-1171

  お問い合わせは、 『DIAスイムレッスン事務局』
  〒104-0061 東京都中央区銀座 4-14-4-1206
   Tel 03-3543-0155

  詳細はサイト  dia2011.com です。

日本を誇りに思い、世界を目指す若者集まれ!


  


by 鈴木大地 | 0:40:56 | カテゴリー:swimming
コメントする

Post a Comment





絵文字を挿入